catch-img

「空冷式チラーは水でワークを冷やす?!」チラーの空冷式と水冷式について

突然ですが、チラーの空冷式と水冷式って

妙にややこしくないですか?


商社である弊社、内外テックが唯一自社製品として製造・販売する

「クールゴン」は、産業用の空冷チラーですが、

冷却水を循環させてワークを冷やします。

では一体何が空冷と呼ばれる所以なのでしょうか?!


この記事ではチラーの構造を理解して頂いて、空冷が良いのか、

水冷が良いのか、判断材料にして頂けるよう、

しっかりとご説明していきたいと思います。     

 

目次[非表示]

  1. 1.まずは「チラー」の定義から
  2. 2.冷凍機を冷やす方法の違い
  3. 3.空冷式・水冷式それぞれのメリット・デメリット
  4. 4.製品紹介~NaigaiTEC「クールゴン」~
    1. 4.1.特徴1:簡単設置の空冷式
    2. 4.2.特徴2:省スペース
    3. 4.3.特徴3:低コスト
    4. 4.4.特徴4:デモ機で導入検討可


まずは「チラー」の定義から

チラーは、温度制御した液体を循環させて、ワークや装置を冷やしたり、

時には温めたり制御する装置の総称です。


おもに冷却が目的用途である事が多いことから【チラー=Chiller】

と呼ばれています。

空冷式も水冷式も、対象物を冷やすのは液体(循環液)である

と申しましたが、実は、チラーの中で、液体を冷やす方法によって、

空冷式か水冷式かが決定するのです。


冷凍機を冷やす方法の違い

どのチラーも、コンプレッサーで凝縮させた液体を、一気に

キャピラリー(膨張弁)で減圧する事で冷たい気体を生成する

「冷凍機の機構」が組み込まれています。

ワークを冷やす循環液は、その冷凍機と熱交換をすることで

温度を低く保つことが出来るのですが、

冷凍機のコンデンサー部分を冷やす機構が空冷か水冷か

という事が、名前の所以となっているのです!


空冷式チラーの構造


空冷式・水冷式それぞれのメリット・デメリット

水冷式は、冷凍機用に冷却水が必要ですので、

水冷用配管設備が必要になり、設置に手間がかかりますが

冷却効率に優れていて、室内に排熱を発生させないという

利点があり、クリーンルームでの設置に好まれる傾向があります。


一方、空冷式はチラー内に内蔵したファンモーターで

冷凍機を冷やすため、水冷管が必要無く格段に設置が簡単です。

しかし室内に排熱が発生するので、狭い場所では

排気設備が必要になることがあります。


手の平を冷却する手形冶具!

内部に循環液を流す水路を切ってあります。



製品紹介~NaigaiTEC「クールゴン」~

ではでは、内外テックが開発・生産する

小型空冷チラー「クールゴン」をご紹介させて頂きます。



クールゴン4つの特徴

特徴1:簡単設置の空冷式

電源(AC100V)と、タンクに循環液を入れるだけのオールインワンチラーです。


特徴2:省スペース

 机の下に入るほどコンパクトな設計(幅375mm×高さ524mm×奥行490mm)

ですので、研究所などにも最適です。


特徴3:低コスト

日本国内産では抜群のコストパフォーマンスを誇ります


特徴4:デモ機で導入検討可

熱量計算、揚程計算も最低限必要ですが実際に接続してみて、

うまく温度調整できるか確認される方が安心です。


クールゴン(NTC-HC075)

● 冷却能力:0.75/0.8kW

● 設定温度範囲:10~25℃

● 循環液:純水

● ポンプ能力:0.06/0.08MPa

● 定格流量:7 ℓ/mini

● 使用冷媒:HFC-134a


この度、内外テックの自社ブランド温調機に、

低温仕様もラインアップしました。

空冷式の為面倒な配管工事は必要なく、プラグインですぐに使用

できます。-10℃~+10℃の範囲でクーリングが可能です。


クールゴンⅡ(NTC-HC030)

● 冷却能力:0.3/0.36kW

● 設定温度範囲:-10~10℃

● 循環液:ナイブライン

● ポンプ能力:0.06/0.08MPa

● 定格流量:7 ℓ/mini

● 使用冷媒:HFC-134a



Yoko Noto

Yoko Noto

内外テック販売促進課4年目の能登です。趣味はカポエイラ、肉体改造等。 16年度から、弊社でもそろそろプル型営業しなくては!!!とリスティング広告、コンテンツマーケティングなどはじめています。手探り状態ではありますが、是非とも潜在顧客の皆様とつながるきっかけになりたいと思って頑張ります。

内外テックグループは、内外テックの商社部門と、連結子会社内外エレクトロニクスの製造部門を合体し、製販一体を実践しております。お客様が複数の企業に発注されていた製品、部品加工、装置組み立て、保守・修理依頼などが内外テックグループ一社で対応可能になります。

製品・サービスについてお困りではありませんか?

お気軽にご相談ください。
長年の経験で培った業界力で御社のお悩みを解決します